フリだけでも

せめて「フリ」だけでも良いと願うようになっていた私は
少しだけ恋愛観の軸が狂っていたのかもしれません(汗)
彼と知り合ったのは、友達の紹介だったのですが
仕事も忙しく、住んでいるところも離れていましたので
仲良くなり始めてからも、やり取りのほとんどはメールやインターネットという「電子越し」のものでした。
それでも言葉を交し合えることは嬉しかったですし
実際に顔を見る機会が極端に少なくても
こうして真夜中にだってやり取りが出来ることを幸せに感じていました。
その気持ちがいつの間にか、違った方向に進ませてしまったようで
「どうせメール上のやり取りなんだから」
「インターネットを通しているのだから」
という理由付けをして、好きだと言ってくてれも良いじゃないか・そのフリだけでもしてくれても良いのではないか
・・・なんて考えるようになってしまったのです(苦笑)
フリだけでも。
それで心が満たされるのであれば、それも1つの選択肢ではあると思うのですが
自分自身を冷静に省みたとき、それでは満足など出来るはずも無いと認識をしました。
もっと自分に現実味を持たせて考えてみる。
電子越しであってもそこには「人」がいるんだという当たり前の事を強く思うことで
軸は少しずつ修正され
知り合って丁度1年ほどしてお付き合いをするようになりました。

Copyright© 2013 せっかちで損した出会い All Rights Reserved.